トク部|お買いもの節約ブログ

買い物やお金に関するお得技を紹介する節約ブログ

スポンサーリンク

【購入レビュー】100円均一の吸湿発熱 暖ソールを買ってみた!ダイソー・キャンドゥ・ワッツ

f:id:vvisteria:20181214151754p:plain

100円ショップで吸湿発熱素材を使用した靴ソールが売っているとの情報を得たので、早速買いに行ってきました!

購入した「吸湿発熱 暖ソール」の暖かさや使い心地などを詳細にレビューしていきます!

テレビ番組 ヒャッキンで紹介

f:id:vvisteria:20181214151826j:plain

https://www.tv-tokyo.co.jp/100kin/

まずは購入のキッカケとなったテレビ番組を紹介します。

毎週火曜日の午後7時にテレビ東京で放送している「ヒャッキン」で吸湿発熱暖ソールを紹介していました。

この番組内で暖ソールが、ノルウェー人が選ぶ百均商品の中でランキング第1位に選ばれました。

吸湿発熱素材を使用しているので、足元が暖かくなるとノルウェーの方が高評価!

販売している百均のお店は?

f:id:vvisteria:20181214152256p:plain

テレビ番組のヒャッキンによると、以下の100円ショップで「吸湿発熱 暖ソール」を購入できるそうです。

  • ダイソー
  • キャンドゥ
  • Watts(ワッツ)

ただし、セリアでは暖ソールは売っていないようです。

100均のダイソーで暖ソールを購入

f:id:vvisteria:20181214152339p:plain

近所にある100円ショップのダイソーで「吸湿発熱 暖ソール」を購入しました。

実際はダイソーで購入する前に、他の100円ショップのキャンドゥとワッツにも行きましたが、キャンドゥとワッツでは売っていませんでした。

キャンドゥには靴用ソール売り場の一つに空きスペースがあったので、もしかしたら売り切れていたのかもしれません。

吸湿発熱 暖ソールの種類・サイズ一覧

f:id:vvisteria:20181214152618p:plain

購入したダイソーには、大人用の大きいサイズから子供用の小さいサイズまでの「吸湿発熱 暖ソール」を販売していました。

  • 男性用は24cm〜27cm
  • 女性用は22cm〜25cm
  • 子供用は16cm〜23cm

ビジネスシューズやパンプス、スニーカーなどに使用できるそうです。

その他の冬用ソール

ダイソーでは「吸湿発熱暖ソール」以外にも、以下の冬用ソールを販売していました。

  • 足もとポカポカフェイクファーインソール
  • 足元温かフリース暖ソール

素材にボアやフリースを使ったものが販売していまいたが、「吸湿発熱 暖ソール」が最も多く売れていました。

吸湿発熱 暖ソールの基本情報

f:id:vvisteria:20181214152357p:plain

購入した「吸湿発熱 暖ソール」に使用されている材質や発熱効果を見てみましょう。

ちなみに、暖ソールの生産国は「MADE IN JAPAN(日本製)」です!

商品の付属品一覧

f:id:vvisteria:20181214152417p:plain

「吸湿発熱 暖ソール」に付いてくる付属品は以下の通りです。

  • 暖ソール本体 左右で2枚
  • サイズカット用の型紙

型紙は靴のサイズに合わせてカットしてから、本体の暖ソールに合わせてカットします。

使われている素材

暖ソールに使われている材質は以下の通りです。

  • ポリエステル
  • 指定外繊維(アクリレート系繊維)

発熱する原理

f:id:vvisteria:20181214152402p:plain

繊維が周りの水分を吸収する時に「吸着熱」という熱が発生します。

暖ソールに使われている「サンバーナー」と呼ばれる繊維が、ウールの約3倍の「吸着熱」を発生させるため、足元が暖かくなるそうです。

抗菌・防臭の効果も

f:id:vvisteria:20181214152409p:plain

暖ソールには吸湿発熱以外にも、抗菌加工がされています。

抗菌のおかげで菌の増殖を抑え、気になる匂いを和らげる防臭の効果もあります。

また通気性のある繊維を使用しているため、靴ムレも起きにくい履き心地です。

吸湿発熱 暖ソールを使ってみた感想・レビュー

まずは靴のサイズに合わせて暖ソールをカットします。付属品に型紙が付いているので、靴のサイズに合わせてカット。

サイズ通りにカットしたはずですが、実際に靴に入れてみると、先の方に少しスペースができました。

やはり最初は説明書通りに、1〜2サイズ大きめにカットした方が良さそうです。

いっそのこと、カットせずに靴に入れても良いかもしれません。

暖ソールはフカフカ防寒で暖かい

カットした暖ソールを靴に入れて履いてみると、フカフカしていて足に入れた時のヒンヤリ感もなく、しっかりと防寒の役割を果たしています。

ソールが入るので、少し足に窮屈を感じますが、使っていくうちにソールが馴染むと思います。

履いていると足元が気持ち少し暖かくなるというよりも、暖かい!と実際に感じとれるほど効果を感じました!

靴を脱ぐ時に暖ソールも一緒に取れてしまうことがあるので、その点だけはちょっとマイナスポイント。

両面テープなどで貼り付けておくと、ズレずに使用できるかなと思います。

吸湿発熱 暖ソールを買ってみた まとめ

激安価格の100円だから試しに買ってみた防寒暖ソールですが、使ってみると本当に温かく感じました!

テレビの影響からかソール売り場の中で最も数が少なくなっていたので、欲しい方は早めに買いに行くのがオススメです。