トク部|お買いもの節約ブログ

買い物やお金に関するお得技を紹介する節約ブログ

スポンサーリンク

【購入レビュー】アシェットのミニチュアフード(クロワッサン)を作ってみた!完成までの総額は?

f:id:vvisteria:20190222224222p:plain

分冊百科と呼ばれる雑誌を出版しているHachette(アシェット)が、2月20日に「ミニチュアフード」を創刊しました。

アシェットミニチュアフードは、樹脂粘土を使って小さくてかわいいパンやスイーツが作れるマガジンです。

TVCMの放送を見て面白そうだったので、実際に購入してクロワッサンを作ってみました!

アシェットミニチュアフードの基本情報

まずは雑誌アシェットミニチュアフードの値段や付属品、完成までにかかる総額費用を紹介します。

創刊号に入っている付属品

f:id:vvisteria:20190223153501p:plain

ミニチュアフードの創刊号に入っているアイテムは以下の通りです。

  • 白色の樹脂粘土
  • アクリル絵の具(5色)
  • 粘土スケール
  • 平筆
  • ベーキングパウダー
  • ベビーパウダー

※アクリル絵の具の色の種類は、黄土・うす茶・赤茶・こげ茶、チタニウムホワイトの5色の5本セットです。

f:id:vvisteria:20190222224259p:plain

これらのパーツや道具を使って、クロワッサンを制作していきます。

創刊号の価格は安い!

f:id:vvisteria:20190222224321p:plain

こういった分冊百科の創刊号は、特別価格で安く販売されます。

週間ミニチュアフードも例外ではなく、税込みで299円という低価格で販売されています。

ちなみに通販のAmazonだと、すでにプレミア価格となっています。

Amazon.co.jp|樹脂粘土でつくるミニチュアフード創刊号

私は販売から2日後に書店で購入しましたが、在庫は多くあり、売り切れはなさそうな感じでした。

第2号目の内容と値段は?

f:id:vvisteria:20190222224335p:plain

次回の第2号の発売日は3月6日の水曜日発売です。創刊号が合併号の扱いなので2週あいだが空きます。

第2号目に入っている収録内容および部品やパーツは以下の通りです。

  • セサミベーグル
  • シナモンロール
  • バスケット
  • アクリル絵の具(2色: ブラック・チタニウムホワイト)
  • 樹脂粘土
  • ベーキングパウダー
  • ベビーパウダー

気になる価格ですが、第2号目のミニチュアフードは税込み999円!

創刊号(299円)と値段を比較すると、およそ3.3倍の値段の差になります。

第3号目のサンドイッチも税込み999円です。

【最終号】全巻完成させると総額はいくら?

公式ホームページによると、最終号は120号まで予定されているので、全巻揃えると総額は税込み119,180円。

299x1=299円
999x119=118,881円

ただし、途中で消費税が8%から10%に変わるので、金額が少し増えると思います。

定期購読すると特典のプレゼントが貰える

f:id:vvisteria:20190222224354p:plain

ミニチュアフードの定期購読を申し込むと、以下のアイテムが第2号目に付いてきます。

  • ピンセット
  • モデラ(ヘラ)
  • プレス器
  • 手芸用クラフトボンド
  • ディスプレイ用アイテムセット

ディスプレイ用アイテムセットだけは第3号目と一緒に届く。

また、定期購読を申し込むと、自宅まで送料無料!

ミニチュアフードのクロワッサンを作ってみた!

それでは実際にミニチュアフードのクロワッサンを作っていきます。

まずは雑誌に書いてある説明をよく読んで、製作工程を頭に入れますが、思っていた以上に手順が多くある!!!

手順を読んだだけでも、クロワッサンを作るのに1時間以上かかりそうです😅

事前に用意する道具

クロワッサンを作るには、付属品以外にも以下のアイテムを自分で用意する必要があります。

  • カッター
  • 爪楊枝
  • 平らなプレス板
  • クッキングシート
  • 筆を濡らしたり・洗ったりする水と容器

プレス板以外は家にあるので、買いに行く必要はなさそうです。プレス板は手のひらor定規(粘土スケール)で代用。

色付けや筆を洗ったりするパレットは、付属品が入っていたプラケースを使用しました。

f:id:vvisteria:20190223153652p:plain

クロワッサンの製作工程・手順

樹脂粘土の塊から1.5cm分を取り出し、キレイに丸める。

f:id:vvisteria:20190223153515p:plain

黄土色の絵の具を使って着色し練り混ぜる。そこにベーキングパウダーを加えて練る。ベーキングパウダーを使う理由は不明。

f:id:vvisteria:20190223153535p:plain

棒状にしてから薄く伸ばす。それを二等辺三角形の形にカッターで切る

f:id:vvisteria:20190223153552p:plain

カッターを使って側面と表面に、クロワッサンのパイの層を切り入れる。

f:id:vvisteria:20190223153603p:plain

底の方から丸めてクロワッサンの形に成型し、500Wの電子レンジで20秒加熱する。

f:id:vvisteria:20190223153615p:plain

黄土色→うす茶→赤茶→こげ茶の順番に色を重ねていく。できるだけ水で薄めて濃くしすぎないのがコツ。

f:id:vvisteria:20190223153630p:plain

最後に白色の絵の具とベビーパウダーで表面の粉を表現させる。

ミニチュアフードクロワッサンの完成品

実際に作ってみたミニチュアフードのクロワッサン完成品がこちら↓

f:id:vvisteria:20190223153645p:plain

f:id:vvisteria:20190223153658p:plain

写真を撮りながら作ったので、本当ならもう少し上手く作れたと思います😉たぶん...

はじめは下手でも、何度も作ることで上手なクロワッサンが作れます。何事も練習あるのみ!

付属品の樹脂粘土はまだ余っていて、約10個分くらいのクロワッサンが作れる思います。

クロワッサンの作成時間は?

はじめのクロワッサンを1個作るのに費やした時間は、写真を撮りながらで40分ぐらい。

2個目はやり方を覚たので10分で作れました。

アシェットミニチュアフード まとめ

f:id:vvisteria:20190223153717p:plain

創刊号は特別価格で税込299円で購入可能ですが、それ以降は税込999円かかります。

作るまでの手順は結構時間がかかりますが、細かい作業が好きな方にはかなり良さそうな印象を受けました。

創刊号のクロワッサン以外にもサンドイッチやメロンパン、マカロン、アップルパイなどのラインナップが今後予定されているので、毎号楽しめそうです。

気になる方はお求めやすい創刊号からチャレンジしてみることをオススメします!

最後に...雑誌の名前をずっとハシェットだと思っていました😣

Amazon.co.jp|樹脂粘土でつくるミニチュアフード創刊号

Source: 樹脂粘土でつくる ミニチュアフード:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社