トク部|お買いもの節約ブログ

買い物やお金に関するお得技を紹介する節約ブログ

スポンサーリンク

【最大60%速く】iPhoneの充電時間を早くする方法!純正充電器・モバイルバッテリーで比較

f:id:vvisteria:20190226154153p:plain

iPhoneを充電していて「遅いな〜」と感じたことはありませんか?

付属品の充電器を変えるだけで、簡単に充電時間を1.6倍以上速くすることができます。

今回の記事では、iPhoneの純正充電器やモバイルバッテリーなどを使って、一番早く充電ができる方法を比較・検証しました!

充電時間の計測に使用した端末と条件

f:id:vvisteria:20190226160300p:plain

充電時間をできるだけ正確に計測するため、以下の条件で検証を行いました。

  • 使用したiPhoneは「iPhone XR」で、使用期間は約5ヶ月。
  • 充電を開始するバッテリーの残量は50%で、そこから100%になるまでの充電時間を計測。
  • 使用した充電コードは「Lightning - USBケーブル」。

※50%から充電をした理由は、実際の生活において充電を始めるバッテリー残量に近づけるため、50%からの充電開始としました。

ワット数の違う充電アダプタを使用

充電の検証に使用した充電アダプタは、全て出力ワット数が異なるものを選択。

  • 5ワットのiPhone充電器
  • 10ワットのiPad充電器
  • 15ワットのAnkerモバイルバッテリー

5W iPhone付属品の純正充電器

f:id:vvisteria:20190226154648p:plain

まずiPhone XRの充電に使用した充電器は、iPhoneに付いてくる標準の充電アダプターです。

おそらくiPhoneを使ったことがある方なら、誰もが見たことのある充電器だと思います。

正式名称は「Apple 5W USB電源アダプタ」で、充電出力(アウトプット)は5ワット(5V=1A)です。

5W USB電源アダプタの充電時間

f:id:vvisteria:20190226154712p:plain

iPhone XRのバッテリー残量が50%になった時から充電を始めました。

充電開始時刻は10時36分からスタート。

  • 10時36分: 50%
  • 11時35分: 80%
  • 13時21分: 100%

100%まで充電が完了したのは、充電を開始してから2時間45分(165分)後です。

30%充電するのにかかった時間は59分で、1分あたり0.51%充電できました。

10W iPad付属品の純正充電器

f:id:vvisteria:20190226154750p:plain

次に充電に使用したのが、iPad付属品の充電アダプターです。

先程のiPhoneの充電アダプターよりも2倍くらいサイズが大きくなります。

正式名称は「Apple 10W USB電源アダプタ(10W USB Power Adapter)」。

充電出力(アウトプット)は10ワット(5.1V=2.1A)です。

10W USB電源アダプタの充電時間

f:id:vvisteria:20190226154817p:plain

こちらも先程と同じ、iPhone XRのバッテリー残量が50%になった時から充電を始めました。

充電開始時刻は21時20分からスタート。

  • 21時20分: 50%
  • 21時59分: 81%
  • 23時04分: 100%

100%まで充電が完了したのは、充電を開始してから1時間44分(104分)後です。

30%充電するのにかかった時間は39分で、1分あたり0.79%充電できました。

15W Anker PowerCore Fusion 5000 モバイルバッテリー

f:id:vvisteria:20190226154851p:plain

最後に使用した充電器は、モバイルバッテリーの「Anker PowerCore Fusion 5000」です。

この商品の最大の特徴は、コンセントに繋いでiPhoneを充電し終えると、モバイルバッテリーへの充電もできる、2つの機能が付いているところです。

こちらの商品は、Amazonのモバイルバッテリーランキングで1位を獲得するほど人気がある商品です。

価格や口コミ評価は以下のリンクからご覧いただけます。

Amazon.co.jp|Anker PowerCore Fusion 5000

バッテリーの充電出力(アウトプット)は15ワット(5V=3A)です。

2ポートで同時に充電も可能ですが、その場合は15ワット→7.5ワットに速度ダウンします。

15W Anker PowerCore Fusion 5000の充電時間

f:id:vvisteria:20190226154949p:plain

今回はコンセントに繋がず、モバイルバッテリー単体でiPhone XRに充電をしました。

充電開始時刻は11時06分からスタート。

  • 11時06分: 50%
  • 11時46分: 83%
  • 12時34分: 99%
  • 12時56分: 100%

100%まで充電が完了したのは、充電を開始してから1時間50分(110分)後です。

ただし、ちょうど100%になった時間は見逃してしまったので、実際の充電完了時間はもう少し短めだと思います。

33%充電するのにかかった時間は40分で、1分あたり0.83%充電できました。

【結果比較】iPhoneを一番速く充電できた方法は?

f:id:vvisteria:20190226155249p:plain
f:id:vvisteria:20190226155246p:plain
f:id:vvisteria:20190226155241p:plain

※画像左から15ワット・10ワット・5ワットの満充電までにかかった時間

5ワット・10ワット・15ワットの充電器を使用して、満充電までの時間を計測した結果の順位がこちら↓

  1. Anker PowerCore Fusion 5000(15W)
  2. iPad USB電源アダプタ(10W)
  3. iPhone USB電源アダプタ(5W)

1位と2位の充電時間はほぼ一緒で、少し15Wの方が充電時間が短めだと感じました。

結論としては、10Wと15Wの充電アダプタには差はほとんどなく、標準の5W充電アダプタと比べると約1.6倍速く充電ができます!

今回紹介したモバイルバッテリーはAmazonで購入可能で、現在人気ランキング第2位。

Amazon.co.jp|モバイルバッテリー 人気売れ筋ランキング

急速充電器の人気ランキングはこちら↓

Amazon.co.jp|急速充電器 人気売れ筋ランキング