トク部|お買いもの節約ブログ

買い物やお金に関するお得技を紹介する節約ブログ

スポンサーリンク

【実機レビュー】どんなときもWiFiルーターのバッテリー持続時間を検証!電池残量の持ち

f:id:vvisteria:20200116214808p:plain

どんなときもWiFiと契約すると、モバイルルーター(機種名D1)がレンタルされます。

スマホと一緒に使った時、モバイルルーターのバッテリーがどれだけ持つのか、バッテリーの持続時間を検証します。

【レビュー】どんなときもWiFiルーターのバッテリー持続時間

それでは実際の生活でどれくらいバッテリーが持つのか試していきます!

使用したアイテム

f:id:vvisteria:20200116214744p:plain

  • どんなときもWiFiのルーター(機種D1)
  • スマホ(iPhone)
  • パソコン

モバイルルーターのD1はフル充電をしたものを使用しています。

f:id:vvisteria:20200116214738p:plain

▲ルーターのバッテリー容量は3500mAhで、バッテリー交換は不可。

電池残量の見方

f:id:vvisteria:20200116214813p:plain

モバイルルーターの横のボタンを押すと、バッテリーマークが光り、バッテリーの残量がわかります。

バッテリー残量は、バッテリーのアイコンで見るのではなく、下の4つの明かりで判断します。

f:id:vvisteria:20200116214817p:plain

4つ明かりが点灯すると満タン、1つの明かりだと残量があと少しです。

  • 4つが点灯していると、電池残量が約100%
  • 3つが点灯していると、電池残量が約75%
  • 2つが点灯していると、電池残量が約50%
  • 1つが点灯していると、電池残量が約25%

ただし、今回実際に使ってみた感じだと、4つ点灯している時間が一番長く、3つと2つの点灯時間は短いような気がしました。

説明書には書いてありませんが、本当に電池の残量が少なくなってくると、バッテリーマークが常時早く点滅をします。

【スタート】ルーターの電源をオン

f:id:vvisteria:20200116214759p:plain

どんなときもWiFiのルーターの電源を午前8時7分に電源をオンにして、スマホ(iPhone)とWiFiで繋ぎました。

今回の実験では、モバイルルーターとiPhoneはずっと電源をオンで、常時WiFiに繋ぎっぱなし。

スマホは20〜30分毎にデータ通信(ニュースやゲーム)を少しやるくらい。大きなデータのダウンロードはなし。

パソコンはお昼過ぎから夕方、夜に使用。

パソコンを使用している時は、スマホと併せて2台をルーターと接続。

【終了】ルーターの電源が切れる

ルーターの電源が切れたのは午後9時34分で、パソコンとiPhoneを使っていた時に電源がオフになりました。

バッテリーがゼロになりそうになると、バッテリーマークが早く点滅します。

早く点滅をし始めると、およそ10〜20分ぐらいで電源が切れます。

バッテリーの持続時間

どんなときもWiFiのモバイルルーターは、合計で約13時間30分バッテリーが持続しました。

端末の使用時間がこちら↓

スマホ(iPhone)は常時接続
午後0時30分〜午後5時までパソコンも併用
午後6時30分〜午後9時34分までパソコンも併用

スマホは約13時間30分の接続、パソコンは合計で約7時間30分接続。

ルーターの充電時間

モバイルルーターの電池が空の状態から、何時間でフル充電にできるかも調べてみました。

充電に使用したのは、「Anker PowerCore Fusion 5000」。

午前11時52分に充電を開始。

午後2時50分〜午後3時の間に充電が完了。

残量ゼロからの充電だと、ちょうど3時間でフル充電になりました。

どんなときもWiFiルーター バッテリー持続時間 まとめ

今回の検証では、モバイルルーターの電源はずっと付けっぱなしだったため、1日で電源が切れてしまいましたが、こまめに電源を消せば、2日以上は持ちそうです。

またモバイルバッテリーを併用して使えば、さらにバッテリーの持続時間が伸びることでしょう。

【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

https://donnatokimo-wifi.jp/

  • 料金プランは「データ放題プラン
  • 2年定額の税抜き3,480円
  • データ容量無制限でネット使い放題!
  • 回線はdocomo、au、softbank対応で幅広いエリアをカバー